教授にきいた・・・ コスメの科学

化粧品の商品開発を十数年、現在は大学で『化粧品学』の講義なんかを担当してます。化粧品の研究者がどんなことを考えながら化粧品を作っているのか、お伝えできれば嬉しいです。 著書:『教授にきいた・・・ コスメの科学』『化粧品・医薬部外品・医薬品のための界面化学』(フレグランスジャーナル社)

教授にきいた・・・ コスメの科学 イメージ画像

2020年05月

大学に移ってからも、いろんな企業さんと一緒にコスメに関わる研究をすることになって、中には、特許になったり、実用化されたものもあったりするのでした。   (具体的な商品名はなかなか言えなかったりするのですが・・・)   そんななかで、ちょっと変わったのが、ペッ

洗浄チームでは、メイク落としの新商品提案なんかも・・・。メイクが落ちたか落ちないかですべてが判断されるシビアなジャンルで、最新の界面活性剤とか製剤化技術が投入される分野なだけに、各社の研究者の腕の見せ所だったりするのでした…。例えば、こんな何気ない商品でも、

7年ほどメイクのチームにいて、突然、異動になっりました。そこで担当になったのがボディーソープ!皮膚を洗う洗浄料と美しく彩るメイクアップでは、商品の作り方からビジネスの展開の仕方まで、すべてが違っていて、それはそれは刺激的なのでした。   スキンケアとかメイ

久しぶりにホームページを覗いてみると、自分が現場にいた頃には日陰にいたアイテムが脚光を浴びてたりする…。下地とかコンシーラーは、昔はあくまでサブアイテムだったのだけれど、今ではすっかり主役になってて、下地でしっかりとした土台をつくって化粧持ちをよくしたり

ブログを始めるにあたって、まずはこれまでに関係してきた商品の紹介を・・・。 会社に入って初めに配属になったのは、ファンデーションとか口紅を開発するグループでした。もうだい~ぶ昔のお話、時の流れのはやいコスメ業界のことで、私自身が関係した商品はもう売られていな

↑このページのトップヘ