7年ほどメイクのチームにいて、突然、異動になっりました。そこで担当になったのがボディーソープ!皮膚を洗う洗浄料と美しく彩るメイクアップでは、商品の作り方からビジネスの展開の仕方まで、すべてが違っていて、それはそれは刺激的なのでした。

 

スキンケアとかメイクの世界は、それぞれの会社にそれぞれの美に対する思想みたいなものがあって、少しずつファンを増やしながらビジネスを成長させていくのに対して、洗浄系はメーカー同士がガンガン戦って、一気にシェアを取り合う感じ・・・。

 

自然と研究の仕方も違うし、なんか、担当しているひとたちの性格まで違うような、そんな感じでした。

 

そんな新天地で担当した商品がボディーソープ!

たかが数百円で売られているボディーソープなのですが、実はすんごい技術競争の成果の塊で、例えば「肌に優しい」なんてコンセプトを本気で実現するために、ものすごいヒトとお金と時間をかけて、新しい界面活性剤を開発してたりするのでした。 


ひとつひとつの商品にドラマがある・・・ な~んて言ったら大袈裟ですが、このあたりのお話は、また、じっくりしたいなあ。


人気ブログランキング