ここまで、「石けん最高!」という話が続いてきました。泡立ちもよくて、悪い菌も抑えてくれて、しかも安くて、イメージも良い。なんだ、洗浄料は全部石けんで作っちゃえばいいじゃん!っていう気分になるかもしれませんが、実はそうもいかない。そう、石けんにも弱点があるのでした。

 

まず、石けんはpHの高いアルカリ性の水の中ではよく泡だって汚れも落とすのですが、中性とか酸性の水の中では、界面活性剤として働いてくれず、汚れも落としてくれません。お風呂に入ったり、顔を洗ったりするときの水は、多くの場合弱酸性~酸性なので、石けんがその力を発揮するために適した条件とは言い難いのです。

 

ふたつ目は電解質、いってみれば塩に弱い、という点が挙げられます。硬水・軟水、という言葉をご存知の方がいらっしゃるかもそれません。また、「ヨーロッパの水は硬い!日本でも沖縄はちょっと硬いかな・・・」なんて聞いたことのある方もいるのではないでしょうか??? 

 

もちろん、ここで「硬い」というのは、実際に硬いことではなくて、カルシウムやマグネシウムなどの金属イオンの含有量が多いということなのです。石けんの分子はこれらのイオンと結合して、「スカム」と呼ばれる固体を形成します。石けんのついたタオルを水道水に浸すとふわっと石けんカスが浮いてきますよね? あのカスの正体こそがスカムで、そんな状態になってしまうと、やっぱり石けんはその実力を発揮することができないのでした

 

ということで、ここまで万能と思われてきた石けんにも弱点があったのでした。そしてこれらの弱点を克服するために、さまざまな界面活性剤が開発されました。

 

界面活性剤の開発は、石けんの弱点を克服するために始まったのです!

人気ブログランキング