化粧品関連の会社に入りたい、という学生さんに会うことがあって、なんだか嬉しかったりするのだけれど、そんなにたくさん採るわけでもないので、みんなが知っているようなところに入るのは、結構難しかったりする。そんなことで、いつもアドバイスしていることをひとつ、ふたつ

 

まず、だれもが知っている最終メーカーは2社か3社くらいにしておこう。ぜーんぶエントリーしたくなるけれど、項目が多かったり、商品企画の課題があったりして、書いてみると、結構大変

 

最終メーカー意義にも、おすすめは原料メーカーと(他社ブランドの製品を製造する)OEMメーカー。界面活性剤・油脂・高分子から顔料まで、日本は化粧品原料大国で、あのグローバルメーカーも、この高級ブランドも、メイドインジャパンの原料でできてたりするOEMメーカー、昔はなんか地味だったんだけれど、最近は独自技術を開発してたり、コンセプトまで作っちゃったりしてて、ある意味、最終メーカーを超えてるんじゃないか???って気になることもあるのでした。

 

他にも、容器メーカーさんとか、エマルション・粉製剤を調製する装置メーカーさんとか、原料を扱うディーラーさんにも、すごい会社がいろいろ!

 

二十何年か、この界隈にいると、第一志望者なくても、まずは業界に入ることが大切なんじゃないか、と思うのでした・・・。

 

たぶん、原料メーカーとかOEMメーカーといっても、学生さんにはよくわからないと思うので、ちょっとヒントを・・・。

 

2年に一度、横浜で行われる化粧品関連メーカーの展示会CITEジャパン!新商品・技術開発を一生懸命やっている関係メーカーが一堂に会します。まずはこのあたり、のぞいてみてください!

 
第9回化粧品産業技術展



人気ブログランキング