出前授業とか市民講座で、「利き酒」ならぬ「利き化粧水」をすることがあります。いろんな化粧水を塗り、好きなものを選ぶだけのことなのですが、これが結構盛り上がる!女子高生だけじゃなく、坊主頭の男子とかおじいちゃん・おばあちゃんもニコニコして顔をごしごししているのを見ると、化粧の魅力って何なのか、改めて考えてしまうのでした・・・。

 

これまで、いろんなのを試しているのだけれど、中でも個性的なものをいくつか紹介。

 

まず、定番が「ビオレ うるおい弱酸水」(花王)

カタログによると「ヒドロキシエチルイソステアリロキシイソプロパノールアミン」がセラミドの働きを補う保湿成分ということだけれど、あらためて全成分を見ると「グリセリン」「BG」「PEG-32」「ベタイン」なんて水分を抱え込む成分がしっかりと配合されています。

 

さらに使用感が重くなりすぎないように増粘剤「ポリクオタニウム-52」もちょびっと配合・・・。

 

ほんと、教科書通りに処方された、おすすめ保湿用ローションでした!



スキンケアランキング